太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

太陽電池パネル

太陽電池パネル

太陽光発電のパネル。モジュールとも呼ばれる太陽電池パネル、静かで排出ガスを出さないが、昼間しか発電できず天候に大きく左右。世界シェア上位のシャープとダイワハウスらが提携してリチウムイオン式の蓄電池開発に着手!?外観美を損ねない京セラSAMURAI。

太陽光発電のパネルの価格

太陽光発電システム上の専門用語では、太陽光発電を行う太陽電池の入ったガラス部分を「モジュラー」、「モジュール」などと呼称していますが、太陽光発電パネルと呼ぶと一般人にも板状の物だなとイメージが伝わって判りやすいですね。

太陽光発電パネルは、太陽光発電システムを開発している日本国内メーカーによって特徴が完全にわかれます。

太陽光発電システムを構築するにあたって、企業それぞれが独自の開発を行ってきたからなのですが、完全に分かれるのは特徴の部分だけであって、太陽光発電パネルの内部原理についてはまったく変わりはありません。

それだけに市場に流通している太陽光発電パネルの価格はほぼ均一といってよいでしょう。多少の誤差があるのは、企業に対する技術料というところでしょうか。

太陽光発電パネルのシェア

現在の太陽光発電システムに使用されている太陽電池のパネルは、動作が静かで騒音や異臭、排出ガスなどを出さないという利点はありますが、昼の間しか発電が行えない上に、曇ったり、雨が降ったり、積雪にはとても弱く、天候がガラリと変わるだけで発電量と発電効率が下がってしまうと言う欠点がありました。

しかし、太陽光発電パネル生産のシェアでは世界のトップレベルを誇るシャープと、シャープが提供している太陽光発電パネルを使用して新築家屋の建設を行っているダイワハウスらが提携し、リチウムイオン式の蓄電池開発に乗り出すことが発表されています。

これでますます、日本製の太陽光発電パネルの注目度が高まり、シェア率も高まることは間違いないでしょう。

太陽光発電パネルの大きさ

太陽光発電パネルの正確な大きさとサイズは、国内メーカーが発売している独自規格に依存しますが、どのメーカーを見ても、長方形型、正方形型、大階段型、もしくは三角形に近い階段型の3,4種類がメインの太陽光発電パネルの規格となっています。

しかし、京セラが力を注いでいる太陽光発電システムである「SAMURAI」は、従来の長方形型や正方形型よりも小さく構成され、屋根の外観美を損ねないよう、太陽光発電パネルの斜めラインが美しく見えるように構成したことで人気が出ました。

また、太陽光発電パネルの大きさを変化させるのではなく、太陽光発電パネルの発電量そのものを底上げし、屋根に15枚程度敷き詰めるだけで、従来の27枚分にも相当する電力供給を可能にしたシャープの省スペース確保の考え方は、違った視野を持った新しい技術ですね。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG