太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

陸屋根を選ぶか、傾斜のついた屋根を選ぶか

陸屋根を選ぶか、傾斜のついた屋根を選ぶか

太陽光発電をつけるのに向いているのは、平べったい陸屋根か、

それとも昔ながらの傾斜のついた屋根か?

「太陽光発電」という観点から屋根に対しアプローチをかけた場合どうなるか

を追います。

効率か、外観か

外観だけを見れば、陸屋根の方が圧倒的にすぐれています。

傾斜屋根にとりつけたような悪目立ちは避けられますし、

外見的なダメージはほとんどありません。

和風建築やモダン建築、

あるいはスタイル性の優れたパネルを選ぶなら問題ありませんが、

家のデザインが可愛らしいものですと、太陽光パネルとの相性は最悪です。

しかしながら、「太陽の光を享受する」という観点から見れば、

傾斜のついた屋根の方が優れています。

特に屋根が南向きの場合、かなりの発電量が見込めるでしょう。

陸屋根も架台で角度はつけていますが、効率がよいのは傾斜のついた屋根です。

 

「重さ」を考える

新築の一軒家で、かつある程度信頼の置けるハウスメーカーに建ててもらったなら、

「重さ」はほとんど問題になりません。

はじめから太陽光パネルをのせることを前提にしていますし、

強度も十分だからです。

しかし既存の住宅に後付する場合は注意が必要。

傾斜屋根であってさえ支えきれず家にダメージが行く場合があるのですが、

陸屋根の場合、架台の重さがプラスされます。

100キロ前後の追加になりますので、かなりの重量になってしまいます。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG