太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

宮城県(東北)

宮城県(東北)

東北地方の太陽光事情を見ていきましょう。

焦点を当てるのは宮城県です。

 

屋根の形と日照量

特別処理された陸屋根なら別ですが、

基本的には傾斜屋根が選ばれることの多い宮城県。

これは、陸屋根だと雪が落ちづらく溶けにくいからです。

そのため、屋根の形はほとんど選ぶことができません。

場合によっては雪止めの処理などをする必要があり、

選択の幅はかなり狭まります。

日照量も全国の地域でみると、北陸についで低く、効率のよい発電は望めません。

 

頑丈さ重視

それでもどうしてもいれたい、と思うなら、

頑丈さを重視したメーカーを選びましょう。

突風などに対処するためというよりも、耐雪重量にすぐれ、

圧力に強いメーカーが最適です。

宮城県には東日本大震災の爪あとが残っていることもあり、

地震などの対策も必須です。

選ぶべきメーカーの基準には、頑丈さに加え、信頼度もいれましょう。

外国産は不向きです。

多少割高でも、日本製のものを選択しなければなりません。

太陽光にはあまり向かないので、光熱費を安くあげたければ、

他の手段を考えた方が建設的と言えるかも知れません。

 

採算性 E
日照量 E
総合評価 D

※S~Eの6段階評価

選ぶべき屋根 勾配のある屋根。勾配の角度、隣家との距離によっては雪止め対策を。
太陽光よりも、冬場の雪対策を重視して。
重視すべき点、選ぶべきメーカー 耐雪重量に優れ、頑丈なもの。
圧力に強く、地震にも強いものを。
絶対日本製で、信頼度の高いものを。
>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG