太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

意外に重い! パネルの重量

意外に重い! パネルの重量

太陽光パネルの重さは、想像以上に重いです。

「とても重要なことなのに計算外におかれがち」な、

パネルの重さ。

いったいどれくらいの重さなのでしょうか?

 

一枚15キロ!

メーカーによって多少かわりますが、

パネル1枚あたりの重さはだいたい15キロ前後です。

これだけでも「かなり重たいだろうな」と分かっていただけると思いますが、

パネルは一枚だけで乗るわけではありません。

kW数が多くなれば多くなるほど、屋根にのせるパネルの枚数は増えていきます。

これもメーカーによって差異が生じますが、

3kWで大体14~18枚くらいでしょう。

15枚と考えても、16×15=240キロ。

これだけの重量が、常時屋根と家にかかっているのだということは、

しっかり念頭においておいてください。

加えて、太陽光パネルを固定する架台の重さもかかってきます。

比較的軽いメーカーのものであっても、その重さは1kWあたり36キロ。

3kWだと、3×36=108キロ。

これに、パネルの重量を足すと、240+108=348キロにもなるのです!

 

新築物件と既存住宅の違い

しかしながら、この348キロという重量は、一箇所にかかるわけではありません。

屋根全体で支えるのですから、一箇所あたりの負担はかなり少なくなります。

そのため、新築物件ではまず問題がないでしょう。

しかし、既存住宅は別。

特に昭和に建てられた物件ですと、

「屋根の上から、恒常的に負荷がかかり続ける」ことは想定されていません。

そのため、家自体が重荷にたえきれず、家なりが起こったり

寿命が短くなったりしてしまします。

金銭面を考えて太陽光を導入したのに、これでは本末転倒。

いれる前にきっちり計算が必要です。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG