太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

太陽光発電システムの国内メーカー

太陽光発電メーカーのシェア

日本の太陽光発電におけるシェアは一時期世界一だったのですが、政府政策による太陽光発電システムへの補助金の停止などで、世界トップのシェアの座から転落してしまいました。

しかし昨年、シャープが、太陽光発電パネルに使用するシリコンの使用比率を抑えられる、画期的な製品といわれる薄膜太陽電池の生産を開始したことにより、再び世界シェアのトップに躍り出ました。

また、国内においての太陽光発電システムシェアを見てみると、新築家屋の設計から完成までを一手に請け負う、住宅メーカーと連動して太陽光発電システムの提供を行っている企業が強いという傾向があります。

太陽光発電メーカーの熾烈なシェア争いは、提供先の企業をも巻き込んだものになっていますが、シェア競争が起こることによって、太陽光発電システムの技術進歩や提供価格の引き下げが行われてきたことも事実です。

太陽光発電の国内メーカー

現在、太陽光発電パネルを製造し、販売している国内の会社は多数存在しています。

太陽光発電システムメーカーの中でも、住宅用向けに太陽光発電システムを提供している会社と、公共用・産業施設用に太陽光発電システムを提供している会社に分けることができ、

一般住宅向けの太陽光発電システムの提供を行っている企業には、シャープ、京セラ、三洋、松下電器、三菱電機などがあります。

いずれの企業名も、誰しも一度は耳にしたことがある企業ばかりですね。太陽光発電システムのメーカーはそれぞれが独自の規格や機能開発に従事しており、各メーカーの太陽光発電システムにはそれぞれの良さがあります。

太陽光発電メーカーのランキング

近年、世界的に太陽光発電システムが推奨され、欧州の各地に太陽光発電システムを導入した、
通称「ソーラーパーク」と呼ばれる建造が盛んになったため、世界一だった日本の太陽光発電システムの導入量を、諸外国が次々に上回るという事態が起こっています。

この事態に危機的状況を見いだした国内メーカーが技術競争を熾烈に行っている状態です。
太陽光発電メーカーのランキングは、申請された特許の数だけで決定されているわけではなく、太陽光発電の質的観点を取り込んだものに基づいて評価され、1位はシャープ、2位はキャノン、3位は三洋電機という結果が発表されています。

国内ランキング2位に位置づけられたキャノンは、太陽光発電部門からすでに撤退しているものの、
技術的な質の高さと、開発に携わっていた当時の技術力が評価されたようです。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG