太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

サンステック

サンステック

「初期投入費用が高い」……。

そういう悩みを持つ人にとっての光明となるのが、

サンステックやカナディアンソーラーといったメーカーです。

今回は前者を取り上げ、見ていきましょう。

 

価格の低さは魅力!

サンステック社の太陽光発電装置は、

他のメーカーに比べて2~3割安いです。

保障期間も25年と業界で一番長く、

初期費用が苦しい人には大変助けになるメーカーと言えます。

これはサンステックが中国製のパネルを扱っているからです。

人件費が安いので、それが価格に還元されているというわけですね。

 

信頼性と企業信頼度は大いに疑問

しかしながら、企業姿勢はかなり悪いといわざるを得ません。

サンステックが謳う「最高水準の」モジュール変換率は、まったくのでたらめです。

現在、最高値は東芝の19.3パーセントですし、パナソニックがそれに続きます。

わずか17.7パーセントでは、とても「最高水準」とは言えません。

パワーコンディショナ変換率も普通です。

更に言うなら、彼らが売り文句としている

「25年後、80パーセント以上の変換率を保っていなければ交換」というのも、

実はあまり意味がありません。

なぜなら、よほど環境が悪くない限り、この数値を下回ることはまれだからです。

また、正直「25年保証というけど、それまでこの会社が残っているのか」という

疑問もあります。

サイトでも「中国産」という最大のデメリットを

極力見せないような作りになっており

閲覧者を錯誤させようとする悪質さを感じます。

重量も非常に重いので、「価格だけ」にこだわるひと以外にはお勧めしません。

価格
信頼性
発電力
軽さ
外見

※S~Eの6段階評価

メリット 価格が非常に安い
デメリット 致命的に信頼性にかける
>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG