太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

東芝

東芝

技術力、信頼性の高さで根強いファンをもつ東芝の太陽光発電の歴史は、

意外に長くありません。

2010年からの参入なので、むしろ短いと言ってもいいでしょう。

 

モジュール変換率は世界NO1!

東芝のSPR-240NE-WHT-Jシリーズは、

今まで業界最大だったパナソニック(サンヨー)製品を越える

モジュール変換率をたたき出しました。

19.3パーセントという数字は非常に大きく、

反射による太陽光のロスがほとんどありません。

世界最高のモジュール変換率を誇り、

効率のよい発電が可能になっています。

また、社員教育や研修制度も整っています。

太陽光発電参入が遅かったのは、このように教育制度をしっかりと

確率したあとに、という考えがあったからでしょう。

 

価格について

しかし東芝製品の一番のデメリットは、その価格の高さ。

3kWシステム導入にかかる金額は250万円近く、

パナソニック製品と並ぶ「高級パネル」になっています。

また重さも15キロあるので、決して軽くはありません。

価格
信頼性
発電力
軽さ
外見

※S~Eの6段階評価

メリット 高性能で、施工力も技術力も高い
デメリット 費用が高く、重い
>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG