太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

停電時の活躍

停電時の活躍

太陽光発電を導入していれば、停電時だって電気が使える――――

そんな「噂」を耳にしたことはありませんか?

これは一面の真実ではありますが、想像しているほど便利でもなければ、

手軽なものではありません。

それはいったい何故か?

太陽光発電の仕組みと一緒に見て行きましょう。

 

切り替えは手動式

停電になったからといって、

貯めておいた太陽光発電の電力が勝手に供給されるわけではありません。

自分で運転モードを切り替える必要があるのです。

この切り替えはスイッチ一つで行えますが、

やり方を事前に学習しておかなければ、いつまでたっても電気は供給されません。

そして復活後、再び運転モードを切り替えなければなりません。

 

電化製品はどこまで動かせる?

ついでに言うなら、動かせる電化製品もたかが知れています。

普段使っているコンセントは使用できず、

停電用のコンセントを使うことになるのですが、

これで動かせるのは、せいぜいラジオと携帯電話の充電器、テレビぐらいです。

(企業の比較で詳しく述べますが、中にはパソコンを動かせるものもあります)

「停電を解消するための設備」

「いつもとかわらない生活」

を送るためのものというより、

「停電時でも最低限の情報を手に入れられる」程度のものと考えておきましょう。

ただ、災害時に強い味方になるのは事実。

ラジオで情報収集でき、携帯電話の電源をオンにしておけるというメリットは、

安否の確認や正しい情報の聴取に非常に役に立ちます。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG