太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

太陽光発電システムの発電効率

太陽光発電システムの発電効率

太陽光発電の発電効率。太陽光発電パネルに入射した太陽光のエネルギーを、どれだけの電気エネルギーに変換することができるかを表した値。入射角が直角に近いほど変換しやすい。季節の移り変わりによって変動、パネル全体の温度が上がると効率が落ちる。

太陽光発電パネルは降り注ぐ日光エネルギーの入射角が直角に近いほど発電効率が高いことは知られていますが、その光エネルギーが強すぎて太陽光発電パネル全体の温度を上昇させてしまい、発電効率が落ちてしまうことも確認されています。

これは太陽光発電の原理に使用されている、太陽電池の中の分子の温度が上昇してしまうことにより、損失が起こってしまうためです。

分子の温度上昇による発電効率の実験結果をみると、真夏の光エネルギーによる損失は、従来の働きを持つ分子の20%分だというデータがあります。

日が十分に太陽光発電パネルに当たっていれば発電量が多く、発電効率がよいということではないようです。太陽光発電パネル全体を冷やしつつ、太陽光だけを取り入れるのが理想なのですが、屋根の上に設置されている以上、現段階では発電効率の低下を防ぐ方法はなかなか見つからないようです。

太陽光発電の発電効率

太陽光発電のパネルには発電効率があります。発電効率とは、太陽光発電パネルに入射した太陽光のエネルギーを、どれだけの電気エネルギーに変換することができるかを表した値です。

例えば、日光が真南に上がる正午の発電量と、早朝、夕方など、太陽光が十分にパネルに当たらなくなった場合の発電効率はどちらが良いでしょうか。

当然、日光が降り注いでいるほうが太陽光発電の発電効率が高くなります。

太陽が太陽光発電パネルに、真上から光のエネルギーを照射している場合、太陽光発電パネルに光が差し込む角度は直角に近い形になります。

太陽光発電の原理では、光の入射角が直角に近いほど光エネルギーを電気エネルギーに変換しやすいとされています。このように、発電効率は日光の上下から季節の移り変わりで常に変動して行くものです。

発電効率の良い太陽光発電パネル

太陽光発電システムを提供している大手メーカーの中で、発電量と発電効率がもっともよいと言われているのは、シャープ製の太陽光発電システムだそうです。シャープでは独自技術で発電量をあげる工夫を行い、発電効率の向上を計りました。

しかし、安い値段での太陽光発電システムの導入ばかりへ目がいってしまい、シャープの企業努力が一般住宅向けの太陽光発電システムではなかなか実績として評価されていないようです。

しかし、発電量や発電効率を重視すると、年間発電効率比較では優秀なデータあり、長い目で見ると、他社の太陽光発電システムを安価で購入した場合よりもお得になる場合があるとのことです。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG