太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

太陽光発電システムの発電量

太陽光発電システムの発電量

太陽光発電の発電量。発電シュミレーターで太陽光発電システムの発電量を比較。公表されている数値は予測発電量、設置する家屋の状況にあわせてシミュレーション。年間発電量は日照時間と温度によって大きく左右される。居住環境と家族の電力使用の条件で選ぶ。

太陽光発電の発電量を比較してみる

最近では、太陽光発電システムによる発電量を比較できるウェブサイトができてきているようです。費用の面から、どうしても企業へ直接の問い合わせや見積もりを取りづらい場合など、利用してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電システムを製造しているシャープやサンヨーなどは製品のサポートホームページに、発電シュミレーターを設置して、利用者が心配なく導入を行えるような配慮がなされています。

発電量は使用する都道府県によっても左右されてしまいますので、自分の居住区域はどのような状態になるか確認しておいてもよいでしょう。また、導入費用を抑えるため、太陽光発電メーカーごとに発電量の比較を行うことも忘れてはいけません。

太陽光発電メーカーでは独自の開発を行っているため、一長一短です。
発電量の比較には、居住環境と家族の電力使用の条件に合わせた物を選びたいですね。

太陽光発電の発電量を計算する

太陽光発電の発電量を計算するには、太陽光発電を取り巻いている環境要因から考えていかなくてはなりません。

太陽光発電システムを提供してるメーカーなどで公表している発電量は、太陽光が太陽光発電パネルに垂直に当たり、まったく邪魔する物がない状態で測定している場合があります。

太陽光発電システムを家屋の屋根に取り付けても、実際、太陽は動きますので、太陽光発電パネルへの入射角が変わります。

また、思いがけず木の枝に遮られていたりと一般家屋の周りでは、なにかと障害があり、正確な太陽光発電の発電量を計算することができません。

太陽光発電の発電量はあくまでも予測発電量だと言うことを忘れないようにしてください。

太陽光発電の年間発電量

太陽光発電における年間発電量を最も左右するものは日照時間と温度です。
同じ日本列島でも、最北端と最南端では、日照時間の長さがまったく異なります。

また、日照時間が長ければ、気温が下がりにくく、太陽光発電パネルから熱の損失が防げますが、短い場合はその逆になります。特に東北地方の冬の日照量は少なく、太陽光発電による発電量が落ちてしまいます。

また、地域によっては、太陽光発電パネルが雪に覆われることもしばしばあり、予測発電量に満たない場合もあるので注意が必要です。太陽光発電の年間発電量は環境によって左右されることを十分に理解しましょう。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG