太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み。光を取り入れる太陽光発電パネル、発電された電力を収集する接続箱、一般家庭向けの電力に変換するパワーコンティショナの3つで構成。電力会社へ売電するための自動切換え測定装置、発電から売電までの仕組みを太陽光発電システムという。

太陽光発電の仕組み : 発電・集積・変換

太陽光が太陽光発電システムを通して、一般家庭の電力として使用できるようになるまで、どのような仕組みを行っているのでしょうか。

太陽光が太陽光発電システムに差し込むと、太陽光発電パネルの内部ではその原理によって電力が発生します。

この電力が発生した状態に、伝達線を付けると、電気として家庭内に供給されるのですが、太陽光発電パネルが生み出した電気を直接家庭用の電化製品に繋いだとしても、電気としての役割を果たしてくれないのです。

太陽光発電によって電気を使用できる状態にするためには、太陽光発電パネルから接続箱を介して、パワーコンディショナーへ通されます。パワーコンディショナによって調節された電気が、一般家庭に配置してある分電盤へ流されてはじめて、電力会社から供給されてくる電気と同じように使用できるようになります。

太陽光発電システム : 売電するまでの仕組み

太陽光発電システムの仕組みは、太陽光の取入れを行う、太陽光発電パネル、太陽光発電によって生み出された電力を収集する接続箱。

そして、一般家庭向けの電力として太陽光発電パネルから送り込まれてきた電気を変換するパワーコンティショナ。

この3つの部分で構成されています。太陽光発電パネルが作り出した電気は、一つ一つの分子レベルで見ると弱いものですが、接続箱に集めることによって、より高い電圧を持つ電気になります。

しかし、高圧になった電流を一般家庭向けの電化製品に流してしまうと、機器の故障などの危険を招いてしまいますので、パワーコンディショナが家庭用電圧に合わせた電気を自動的に調節してくれると言うわけです。

また、太陽光発電の仕組みには、電力会社へ電力を売電するための自動切換え測定装置が付き物です。太陽光発電の仕組みは、その一連の流れ作業が成立して初めて成り立つものであり、仕組みを総称して太陽光発電システムとしているのです。

太陽光発電を利用する

太陽光発電の仕組みを利用して作られた物は、街のあちらこちらで見かけることができます。
太陽光発電は、電力会社や他の電力製造機器などに頼る必要がないため、完全なる独立型の電力として利用できます。

例えば、道路で見かける、バス停の標識。夜になると、表示部分が光っているものを見かけることがありますが、あれは太陽光発電を利用しています。

また、街頭温度計なども太陽光発電を利用して作られています。
独立型である太陽光発電は外部との非接触が功をそうし、街の美観と環境保全の為に一役買っているというわけです。他にも太陽光発電の仕組みを利用した物があるかもしれませんので、探してみることでエコを感じることができるかもしれませんね。

 

大事なのは、パワーコンディショナー

太陽光を導入する時、「何kWのパネルをのせるか」という事に着目しがちです。

ですがもっとも大事なのは、パワーコンディショナーの変換率です。

パワーコンディショナーは、太陽光発電を、「電池」として使えるように変換させる機械です。

当然変換率が多いほうが効率がよいので、後で述べる「業者の選び方」でも大きなポイントになってきます。

交流電力に変換された太陽光電池は、各部屋で利用できるようになり、通常の「電気」とまったく同じ働きをします。

もう一台ある機械は、過剰電力を電気会社に買い取ってもらうための機械です。

特別な操作や面倒な設定、計算などは必要ありません。

太陽光発電で作った電力を優先的に消費しますし、それでもあまったものは電力会社に自動的に買い取られる仕組みです。

「太陽光パネルで受け取った光を、パワーコンディショナーが受け取る。

余った分は全自動で買い取られる」と理解しておけばよいでしょう。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG