太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

太陽光発電システムの導入価格

太陽光発電システムの導入価格

太陽光発電システムの導入価格。技術開発が進み、一般家庭にも浸透しつつあるソーラーパネル。最新は4kwで15万円弱。発電量や屋根面積をふまえて見積もる。施工業者を比較する、太陽光発電の取り付け価格。総電力使用量に適した発電量のパネルを導入。

太陽光発電パネルの最新価格

異常なまでの原油高騰が続く中で、世界的に注目されているエコエネルギーの太陽光発電は、画期的な発明として製品化された太陽光発電の発売当初の価格は1kwで200万円と高額な単価で、太陽光発電パネルの価格が高いと導入を足踏みさせるような側面を持っていました。

しかし現代技術の開発が進み、一般家庭に設置する4kw前後の太陽光発電用のソーラーパネルが一枚あたり15万円弱、トータルで280万円前後という価格までさがりつつあります。

しかしこの太陽光発電パネルの価格は、4kwという一般的な基準を元にした価格であり、太陽光発電に使用するソーラーパネルは様々な企業によって開発、販売がされているため、あくまでも価格の目安であることを覚えておきましょう。

また、4kw以上の発電量を太陽光発電システムに求める場合には太陽光発電パネルも大きくなるほか、価格も上がっていきます。

4kwの太陽光発電パネルを導入した場合の価格と、6kwの太陽光発電パネルを導入した価格をみると、差額が100万円以上にのぼることもあり、太陽光発電システムの導入を検討する場合には、見積もりをだして貰い、予算に見合った価格の検討を十分行う必要があります。

太陽光発電の取り付け価格

太陽光発電を家屋に取り付けるには、太陽光発電システムの発電量をもとにしたkw単位での価格計算を行わないと、総導入時にどのくらいの価格になるかなどの見当がつけられませんね。

しかし、太陽光発電を設置する際、価格ばかりに目を奪われて、家屋に実際に取り付けるための屋根面積のことまで考える方はめったにいません。

太陽光発電システムの施工を行ってくれる業者に見積もりを任せておけばよい、といってしまえば簡単なのですが、せっかく導入するのですから、取り付け価格を安価に押さえるためにも、施工業者の見当や、使用するパネルを製造しているメーカーが打ち出している太陽光発電パネルの価格を下調べしておいたほうがよいでしょう。

また、近年では取り付け価格の見積もり無料を提案している施工業者もありますので、何社か目星をつけて置くことも重要です。

太陽光発電でもとを取る

太陽光発電パネルの価格が引き下がってきた今、将来的にかかる見通しである光熱費をなくすために、太陽光発電システムの導入を考えている方が多くいますね。

初期購入の価格としては高額ですが、先を見据えると導入したほうが得と思われがちですが、せっかくの節約もすべて業者任せではそうはいかなくなります。

実際に導入した何人かの方の話を聞くと、太陽光発電システムを導入して本当によかった、もとが取れそうだという方と、太陽光発電に切り替えてもあまり意味がなかったという方にはっきり分かれてしまっています。

これは、太陽光発電を導入する際、きちんと価格の検討を行ったか否かの結果だと考えます。
家庭での総電力使用量に適したkwの太陽光発電パネルを取り付けたか否かで、これだけ使用感の違いが出てしまうわけです。

太陽光発電の費用

太陽光発電システムを設置する際、一番気になる点は、費用がどのくらいかかるかということでしょう。太陽光発電は設置費用が高額である、という昔からのイメージが強いため、導入に踏み切れない消費者がいるのも事実ですね。

太陽光発電の費用は、太陽光発電パネルを製造しているメーカーによっても異なりますし、太陽光発電の施工を請け負う施工業者によっても差額が出てしまうでしょう。

太陽光発電用のソーラーパネルはkwの単価で考えて見ると微々たる差に見えてしまうかもしれませんが、3kwで15万円の太陽光発電パネルを25枚取り付けた場合と、4kwで20万円のパネルを同数取り付けた場合の費用では100万円の差額が生まれることになります。

費用を安く抑えたいと考えるのであれば、初期導入時の施工業者との話し合いが重要になってきますね。

太陽光発電の費用の内訳

太陽光発電を実際の家屋に取り付ける際、費用の内訳のおまかな分類として、太陽光発電パネルの価格、施工業者による作業手数料のふたつですね。

まずは、太陽光発電パネルの市場価格を調べてみましょう。販売元であるメーカーや卸業者、施工業者に対して太陽光発電パネルのカタログを請求してみてはいかがでしょうか。

企業の中にはオープン価格として、施工業者に販売価格を一任しているところもあります。

また、太陽光発電を導入する前に地域の施工業者や大手の業者に導入費用の見積もりをお願いしましょう。

ここ数年で太陽光発電の導入促進を目指すと言う政府の見解を受けて、無料で費用の見積もりを行ってくれる業者が増えています。また、見積もりは家屋の屋根面積をもとに算出します。

良心的な会社は、きちんと家屋の状況を下見に来て見積もりを立ててくれるはずです。
太陽光発電パネルの種類も3kw、4kw、発電量の大きい物では6kwなどが存在していますので、種類ごとに見積もりを算出して貰い、導入費用の軽減を計ることも必要です。

太陽光発電設置後の維持費用

太陽光発電設置までの費用の算出は案外簡単なのですが、太陽光発電システムを設置した後、維持費用がかかることはご存知でしょうか。太陽光発電システムを設置した後、維持することを忘れてしまっては導入した意味がありません。

太陽光発電を設置した後の維持にかかる費用はほとんど必要ないと言われていますし、太陽光発電パネルには10年~15年という年月をメーカー側が補償してくれますので、危惧することはありませんが、メンテナンスや緊急時の破損など、もしもの事態にに備えておくことは少なからず必要です。

また、費用が安いからと、安易に業者を選択したが為に、太陽光発電の設置後にトラブルや不具合が生じてしまう例も少なからずあるようです。太陽光発電設置後の維持費用を軽減するためには、やはり導入前の準備が不可欠のようです。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG