太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

太陽光発電システムの買取

太陽光発電システムの買取

太陽光発電システムの買取。ソーラーシステムの買取・販売を行う専門のリサイクルセンターも存在する。補助金を受け取ってシステムを導入した場合には補助金返還の義務が発生する。発電して余った電力は売電できる。電力会社によって異なる余剰電力の買取価格。

太陽光発電システムと電力の買取

太陽光発電システムは、未だ処分やリサイクルの明確な方法が定められておらず、家の立替、引越しなどの理由により、やむをえなく太陽光発電を手放さなければならなくなった人にはあまり親切ではありません。

最近はそんな太陽光発電システムの設置後の処理について、専門に取り扱ってくれるリサイクル屋さんがおり、相談すると、買取を希望している相手先の手配をしてくれたりするなどで、家庭単位でのリサイクルを引き受けてくれるようです。

国単位で見ると、太陽光発電の先進国であるドイツなどに比べると、日本の法の整備はまだまだのようです。いっぽう発電してあまった余剰電力については、契約している電力会社が買い取ってくれます。

このことを売電ともいいます。電力の買取価格は契約している電力会社によって異なるようですが、10円/kWh~30円/kWhくらいになるようです。

天候などによって発電できる電力は変わってきますから一概にはいえませんが、太陽光発電システムを導入したり手放したりする際も、余剰電力を買い取ってもらうことまで計算して検討したいものです。

太陽光発電の買取と補助金

引越しや建て替えなどのやむをえない理由で、太陽光発電システムを手放さなければいけなくなったというパターンもありえるのですが、この放棄したり処分したりするときに、問題が必ず起こります。

なぜならば、NEFから補助金を受け取って太陽光発電システムを設置した方はNEF側からは補助事業者とみなされ、太陽光発電システム撤廃して処分したり、他人に売買て処分する場合には、補助金の全額を返還しなくてはならない決まりが定められているのです。

この買取処分を行う際に発生してしまう補助金の返還問題は、設置主のかなりの悩みの種になっているようです。

太陽光発電を買取って貰ったり処分する際は、専門の業者に一度相談したほうがよさそうです。リサイクルセンターの采配によっては、補助金の返還を行わなくてもよい事例もありますので、あきらめないで優良リサイクルセンターを探してみましょう。

太陽光発電の買取条件

太陽光発電の買取を行っているリサイクルセンターなどは、国内メーカーの製品であれば買取を実施してくれるようです。ただし、買取ってくれる金額は、品物の状態により、通常の衣服やおもちゃ、家庭用ゲーム機などの中古屋さんとなんら代わりがありません。

また、リサイクルセンターは買取った太陽光発電システムを再販売するので、破損が無いかどうかなどの外観要因や、太陽光発電システムが製造された年代、型番による査定が行われます。

太陽光発電システムの買取り額はリサイクルセンターの基準によっても違ってきますので、そこは注意が必要です。

また、近くに太陽光発電システムの買取を行ってくれるリサイクルセンターが無くても、全国へ引き取りにきてくれる親切なリサイクルセンターが存在しますので、インターネット、全国検索が可能な情報誌などを参考にしてみてはいかがでしょうか。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG