太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

一般的なkW量

一般的なkW量

太陽光発電のkW量は、大きければ大きいほど利益につながります。

太陽のエネルギーは無限ですから、受容体であるパネルが多ければ多いほど、

効率よく「稼ぐ」ことができるのです。

では一般家庭でつける太陽光発電のkW量はいったいどれくらいなのでしょうか?

 

一般的なkW量

一般的なkW量としてよくあげられるのが、3kWか4kWです。

これ以下ではあまりうまみがありませんし、逆に4kW以上になると

初期投資がかさみます。

ちなみに我が家は3kWです。

計算式やシミュレーションも、このどちらかで行われるケースが多く、

一つの目安になっています。

 

パネルの枚数と発電量

3kWの場合、パネルは13~18枚で、15枚を基準に定めるケースが多いです。

4kWの場合は15~20枚で、18枚で計算されることが多いでしょう。

この「パネルの枚数」というのは、実はかなり重要なファクターなのです。

何故なら、都会の極小住宅などだと、15枚に及ぶパネル(だいたい1.7km2)

が屋根にのり切らず、一般的なkW量が確保できないケースがままるのです。

一昔前と違い、パネルとパネルの間のニッチを利用する方法もありますが、

やはり厳しいと言わざるを得ないでしょう。

対して4kWの場合、工事料金をいれなくても190万円近くかかるので、

初期費用が非常に高額になってしまいます。

一般的な数値はこれですが、もちろんとらわれる必要はありません。

自分が必要な分のせるといいでしょう。

ただし3kW以下の場合はなかなか回収できないのは寂しいですね。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG