太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

買う価格>売る価格? 売る価格<買う価格?

買う価格>売る価格? 売る価格<買う価格?

売電価格と買電価格には差がある――――

それは意外に知られていないことです。

買う価格が上回るか売る価格が上回るかというのは、

ただ単に「その家庭における電力消費量の問題」では片付けることができません。

 

基本知識、売電価格と買電価格

まず基本知識として抑えておいてほしいのが、

「あまった電力を電力会社に売る」時は48円(2011年4月以降は42円)、

「足りない電力を電力会社から買う」時は24円かかる、ということです。

プランによって多少変わりますが、平均的なこの数値を基準に見ていきましょう。

売る価格の方が高いので、理論的にはプラスに転じさせることも難しくはないです。

しかしここで注意してほしいのは、

「売ることができるのは、あくまで『余剰電力』」だけだということ。

家で使う電力が、発生電力より下回っていれば、

強制的にそれを使用させられてしまい、

「電気を高く売って、安い価格で買う」ということはできないのです。

 

全量買取は企業だけ!

「買う価格は安いのだから、全部売りたい」と思っても、

原則的に、一般家庭では不可能です。

これが可能なのは企業だけとなっています。

二つのシステムを設置し、料金システムをばらけさせれば

理論上は可能ですが、その煩雑さや「抜け道」を利用するのが正しいか

どうかといわれれば、正直首を傾げてしまいます。

売る価格が買う価格を上回っている現実に、

「損!」という感情を抱いてしまう人も少なくないでしょう。

しかし今はそれに納得し、仕組みを理解しておくことに留まっておく方が

余計なトラブルをしょいこむ危険がなく、安全です。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG