太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開!検討の方はぜひチェックしてください。

売電価格と設定基準

売電価格と設定基準

太陽光発電は、早く導入した方がトクなのかそうではないのか?

その答えを出すためには、売電価格の設定基準を知らなければなりません。

少し分かりづらいので、具体例をあげながらみていきましょう。

 

「10年固定」と「年々下落」の意味

2009年からスタートした、余剰電力の買取。

これは当初、1kW48円でスタートしました。

1日の発電量が大体9kW(愛知県/3kW/9月の場合)だとして、

もし全てを売れば(実際は「余剰」分ですが)432円になりました。

しかし2012現在、1kWの買取価格は42円にまで値下がりしました。

(2011年4月改定)

これだと378円。毎日54円の差額が出て、30日で1620円、年間でみれば

19440円の差が出てしまいます。

しかし、ちょっと気をつけてほしいのが、

「10年間は、当初の買取金額が適用される」ということ。

つまり、まったく同じ条件であっても、2011年3月までに導入した人と

2011年4月以降に導入した人では、金額的に差がでるのです。

2011年3月に太陽光を導入したのなら、2021年の3月までは

48円で買取してもらえます。

しかし2011年4月以降に導入した人は、2021年の4月まで、

42円の売電価格から動きません。

 

どちらが得か?

売電価格の設定基準は、年々引き下げられる方向に向かって動いています。

つまり、早めに太陽光発電を入れたほうが得なわけです。

しかし同時に、太陽光発電の技術進歩は日進月歩。

10年前と比べて技術は格段にあがり、ロスが少なくなりました。

技術の進歩がうわまわるか、売電価格の設定基準の見直しを重要視するべきか、

その判断は非常に難しいです。

結局、「いれたいときがいれどき」になるのかも知れませんね。

>太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電の導入体験で、メリットデメリット大公開

太陽光発電を導入した経験を交え、設置する際に必要な情報を紹介。 土地活用の一環として、太陽光発電をご検討の方はぜひチェックしてください。

CTR IMG